ひとつひとつ’s diary

子どもの笑顔と家族の健康を繋ぐ

カフェへの憧れは膨らむばかり

最近、カフェを開業したいのと、食育教室を本格的に開講したい気持ちが高ぶりすぎています。

いい物件ないかなーとか、こんなメニューいいなぁとかぼんやり。

カフェ開業を憧れる人って、たぶんみんなこんな感じかな?

 

 

私がカフェ開業や教室開講踏みとどまっているというわけではないが、すぐに決定できない大きな理由は、

・子育てとの両立ができるのか

よくありがちな理由。

 

カフェをやっている人の意見は、

「動き出してみないと分からないよ!案外両立できるよ!!」

というアドバイス

 

親や職場の人の意見は、

「今の仕事を辞めるなんて、もったいない!」

 

そら見えない将来と見える将来なら、安定している方をとるよね(^-^;)

 

そこで、考え方を変えてみる。

今の仕事と、カフェや教室の良い所、悪い所を比べてみようと思う。

 

サラリーマンのいいところ

・休んでも代わりがいる

・休んでも給料は安定

・休んだら肩身が狭い

・気を使いながら仕事

・定時で仕事は終わらないけど、残業代なし

・自分のやりたいことではない

 

カフェと教室

・すべて一からするのでワクワク

・自分の伝えたいこと「子どもの笑顔と家族の健康を繋ぐ」こと近くなる

・全部1人でするから、孤独との戦い

・仕事時間は自分次第

・代わりはいないので、病気になるとストップする

 

 

この自分の気持ちの入りまくった長所と短所(笑)

もう私に「待った」は無理なようです。

 

将来の夢に向かって大学へ行き、本当に本当に頑張って、試験にも合格して掴んだはずだったけど、その夢とはかけ離れた職場になり、4年後に異動出来ると言われたことを信じ、頑張った先に異動希望を出したが、育児の関係でやっぱり希望通りにはいかない。

異動は出来たけど、人間関係が劣悪だと有名な職場へ異動。

 

こう記事にしてしまうと、辛かったねー(/_;)

と悲劇のヒロインになりたがりな感じだけど、実際はそうでもなく、今の仕事は楽しんでいる。

 

人それぞれ考え方次第で、嫌やなーと思っていても発想を変えれば楽しくなってくるもの!!

 

ただ楽しいけど、先に見えてくるものがなくて、やっぱりやりたいことじゃない。

無難で安定してるからいいけど、、、

 

昔、教えてもらった言葉で

・難の有る人生

・難の無い人生

 

「難の有る人生」は有り難い人生になり、「難の無い人生」は無難な人生になると。

なるほどなーと感心していたら、父親は「俺は無難な人生でいい。面倒くさいもん。」と一言(笑)

 

まぁこれも考え方次第ということで。

独り言が長くなりましたm(__)m

 

最後に、パパは自分の作ったドリップスタンドで、食後の珈琲を淹れている写真

 

f:id:hitotsuhito:20180211023030j:plain

 

カフェ開業に向けて、必要なものを具体的に書いている教科書のような本です。本格的に考えている人にオススメの本。

小さなカフェのはじめ方

小さなカフェのはじめ方